現在表示しているページの位置です。

沿革

住商連合企業年金基金(以下「当基金」という)は、住商連合厚生年金基金が平成16年10月に代行部分を国へ返上したこと(代行返上)に伴い、設立された連合型の基金です。
厚生年金基金の加入員であった期間は、当基金の加入者期間に合算することとなっています。

なお、当基金は平成16年10月に開始した制度(第1年金)に加え、平成24年3月に廃止された税制適格年金の受け皿として平成22年4月より第2年金を創設しました。
以後、新規加入の事業所を受け入れ現在に至っています。

昭和60年12月1日 住商連合厚生年金基金 設立
平成16年10月1日 住商連合企業年金基金 設立
平成22年4月1日 第2標準年金(第2年金) 創設

代行返上とは

厚生年金基金では、国の厚生年金の一部を国に代わって給付していました(これを「代行」といいます)。
この代行している部分を国に返すことを「代行返上」といいます。
代行返上を行うと、代行部分の年金は国が給付することになります。

代行返上イメージ図(当基金の場合)

住商連合企業年金基金に関して

住商連合企業年金基金
〒541-0041 大阪市中央区北浜4-7-28 住友ビル2号館6階
TEL 06-6220-8391 FAX 06-6232-3424
ページトップへ